不動産のあの資格

不動産の資格の宅建とは


トップ / 不動産の資格の宅建とは

不動産業者には宅建主任者が必要

不動産業者は、営業をおこなうにあたって、従事する人間のうちの5人に一人の割合で、専人の宅地建物取引主任者を設置しなければならないことになっていて、宅建主任者とよばれている宅地建物取引主任者は、アパートやマンションなどの建物などといった賃貸借契約書を取り交わす前に行う、重要事項説明書の説明と交付などを行うようになっております。重要事項説明書には、物件に関する重要な事項を記載していますので、不動産の知識に精通した、宅建主任者とよばれる宅地建物取引主任者が、必ず説明と交付を行うことが義務付けられています。

宅建という資格について

宅建とは、宅地建物取引主任者の資格の略称として親しまれています。そもそも何故このような資格があるのかというと、不動産業者にくれべて知識や経験が少ない売主や買主が、知らない間に不当な契約を結ばされないようにする為にあります。宅地建物取引主任者の仕事として重要な事は、取引する不動産に対して「重要事項説明」を行わないといけないという点です。これをしないと正式な取引として成立しないと定められています。重要事項説明とは、例えば、自殺があったといった買主が後で知ったら取引を取り消したいと思うような不利益な内容を説明する事です。

不動産所有者の権利情報

© Copyright 不動産売買に関する法律. All rights reserved.