不動産を探すなら

大手不動産会社の利用利点


トップ / 大手不動産会社の利用利点

大手の不動産会社のいい点

土地・建物・マンションを取り扱う不動産事業所の多くは、地域に根差し、その地域の情報を土地所有者からなどから得て、売る意思のある場合に仲介し利益を得ている事業所が多いと思います。ただし小規模から中規模に発展し、売却した物件の設備などを維持管理している事業所も、小中都市圏にはあると考えられます。このような地域に根差した事業者の他に、特に新築マンション物件や工業化生産された建物を取り扱う大手の不動産会社があります。マンション新築には億単位の費用がかかりますので、小中規模事業者が取り扱うのは無理で、上で1000万円から2000万円の価格帯で、中古物件を取り扱うのがやっとでしょう。

大手に依頼する場合について

不動産購入を考えた時に、どこに依頼するか考えるものです。地元の会社の場合、地元情報に精通しているので、地元ならではの物件を紹介してくれます。気楽に依頼できる点でおすすめです。大手の場合、大手ならではの、強みがあります。ネームバリューがあるので、安心感はけた違いです。多くの物件を取り扱っていて、広範囲に及びます。営業マンも、研修されているので、きっちりとした営業姿勢で、信頼感があります。顧客数が多いので、企業側からの不動産の紹介を待っているより、こちら側から、アプローチしていく必要があると言えるでしょう。

不動産所有者の権利情報

© Copyright 不動産売買に関する法律. All rights reserved.